薬局にある脇汗を止める効果のある制汗剤のタイプを5つ紹介!

薬局で売っている脇汗グッズって、効果はあるものの脇汗を止める作用が長続きせず、何度も塗り直さなきゃいけないんですよね…。

 

そこでこの記事では、薬局やドラッグストアに置いてあるワキ汗を止める効果のある制汗剤、デオドラントでより効果の高い商品にはどんなものがあるのか?5つのグッズに分けて紹介していきます。

 

 

スプレータイプ

薬局にあるスプレータイプは、制汗剤入りの液体をスプレー状に汗の気になる箇所に噴霧する商品になります。

 

香料入りのものと無香料のものがあります。

 

薬局で買えるスプレータイプの制汗剤メリットとしては、下の4つがあります。

 

・スプレー後にすぐに服を着れる事
・身体全体に広範囲に噴霧が可能である事
・香水程の刺激成分は入っていない事
・手軽に安価な値段で広く薬局やコンビニで手に入る事

 

薬局のスプレータイプのデメリットとしては、下の4つがあります。

 

・速乾性が高いもののパウダー状のものは服に白い粉がついてしまいます。
・汗に流れやすい為、長時間効果の持続ができない事
・噴霧する際に周囲の人にかからないように気をつけなくてはいけない事
・「シュー」という音が出てしまうので特定の場所では使用できない場合がある
(例:映画館、講演会場など)

 

手軽で使いやすいが、やはり効果の持続力が圧倒的に低い。

 

薬局で購入できる脇汗対策グッズの中ではお勧め度は低くなってしまいます。

 

脇汗スプレーを何度も塗り直したくない人は、使わない方がいいです。

 

ロールオンタイプ

薬局で買えるロールオンタイプは、液体の制汗剤の入った容器の先にボール状のものがついていて、汗の気になる箇所への使用するとコロコロとボールが転がり、ボールについた液体を塗り込むタイプになります。

 

薬局のロールオンタイプのメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

 

・周囲を気にせず手軽に使用が可能である事
(スプレータイプのように相手にかかる危険性がない。)
・汗に強く、殺菌効果も高い
・汗にまつわる各悩みに合わせた商品が豊富(メンズ用レディース用など)

 

ロールオンタイプのデメリットとしては、以下の2つです。

 

・リキッド状なので使用時に液漏れして服にかかる恐れがある事
・速乾性を目指しすぎて、アルコール系成分が多く含まれている商品がある

 

スプレータイプの制汗剤よりは、ロールオンタイプの方が直接脇に塗り込むということもあって、より効果の持続性が高いと言えます。

 

ただし、アルコール系成分が多く配合されているということもあり、肌が痒くなったりかぶれやすい人は注意が必要です。

 

スティックタイプ

薬局で買えるスティックタイプはそのまま塗れるものと、溶かして使用するものがあります。

 

スティックタイプの制汗剤は、リップクリームのような形状で小さいので、バックにすっぽり入り持ち運びには大変便利です。

 

テクスチャ(質感)が硬く、肌に密着するタイプのものなので、脇汗を止める効果が長く期待できます。

 

スティックタイプのメリットとしては、以下の2つが挙げられるでしょう。

 

・サイズが小型なものなので持ち運びに便利
・人目を気にせずに手軽に使用する事が可能

 

スティックタイプのデメリットとしては、以下の3つになります。

 

・部分的にしか使用出来ないので、広範囲のケアには不向きな事
・肌浸透圧の低いものが多く、塗り直す際には一度、汗を拭きとる必要がある事
・塗る力や角度によっては部分的に欠けてしまい使用時に不便になる場合がある

 

スティックタイプの制汗剤は脇に直接塗り込むため、持続性も割と高いです。

 

ですが、残念ながらメリットよりもデメリットの方が多いのが残念な点です。

 

クリームタイプ

薬局で購入できるクリームタイプは、制汗剤入りのクリームを汗の気になる箇所に塗り込むタイプのものになります。

 

汗に対しての「抑臭」「制汗」「殺菌」など比較的多くの種類の原因に対して効果を発揮するものが多いです。

 

クリームタイプの制汗剤のメリットとしては、以下の3つです。

 

・使用後すぐに服を着れる事
・塗り込む事で効果を更に発揮できる商品が多い事
・長時間の持続効果、多機能的な商品が多い事

 

クリームタイプのデメリットとしては、以下の2つです。

 

・ある程度の値をはる商品が多い事
・塗りこむタイプなので使用に手間がかかる事

 

総合的に見て脇汗が多くて悩んでいる人には、クリームタイプの制汗剤をおすすめします。

 

脇汗を止める効果と持続力ともに薬局の商品の中では、一番期待できるでしょう。

 

ですが、値段が少し高いのが傷です。

 

 

制汗シート

薬局で買える制汗シートは、制汗剤入りの液体シートで汗の気になる箇所を直接ふき取ることができます。

 

コンビニや薬局などで手軽に買えるものが多く中高生や運動する人には人気です。

 

最近では、制汗シートはオシボリ感覚でバックに1つは入っている便利な商品としても活用されています。

 

制汗シートのメリットとしては

 

・「ひんやり」感の強いものが多いので身体を急冷したい運動後などに便利
・パウダー成分配合のものはサラサラ感を発生させる為、リフレッシュに最適
・ふき取るタイプのものなので制汗剤商品の中で唯一、体表中の汚れを取り除く事が可能

 

デメリットとしては

 

・汗の抑制持続時間が短かいものが多い事
・直接肌をふき取るタイプのものなので使用場所が限られる事
・シールにて密封するものが多く、保存時に液体が蒸発する可能性がある事

 

以上5点が「薬局にある汗止めに効果のある制汗剤のタイプには5つある!」の説明でした。

 

次にご説明するのは、その中でも「一番効果的な制汗剤タイプとは?」です。

 

5つの制汗剤タイプの中で汗止めに効果的なタイプ

5つの制汗剤タイプの中で汗止めに効果的なタイプのものは「クリームタイプ」の商品です。

 

理由は

 

・他タイプの脇汗グッズと総合比較しても、効果時間が長時間持続するものが多い事
・塗り込む事で更なる効果を発揮する商品が多い事
・汗にまつわる様々な要因のほぼ全てに対応した商品が多い事

 

などの理由からです。

 

汗には3種類の汗があり、それぞれ「アポクリン腺分泌汗」「エクリン腺分泌汗」「皮脂腺汗」とあります。

 

もともと汗には(皮脂腺汗のみ若干の臭気あり)臭いは無く、皮膚表面に存在する皮膚常在菌に分泌した汗が分解されて初めて臭いが発生します。

 

その為、単純に汗を抑制するだけの商品では、汗の原因を解決する事は出来ず、かといって、皮膚常在菌を殺菌するだけに特化した商品では汗の分泌により再度、皮膚常在菌が発生してしまい原因を解決できません。

 

つまり、制汗剤タイプの中で唯一、汗の原因全てに特化しているのが「クリームタイプの商品」だという事です。

 

複合的に原因の全てに効果がある為、汗止めに効果の高いタイプはクリームタイプの商品だと言えます。
※一番下でクリームタイプのおすすめ商品も紹介しています。

 

薬局にある制汗剤の価格

薬局で販売されている制汗剤の価格は、高いものでも2000円以内なので、予算をあまり割けない人にとっては手軽な価格だと思います。

 

「スプレータイプ」…¥918(薬局商品20種類比較平均数値)
※「8×4」や「Ban」などのメジャーな商品は¥500程度

 

「ロールオンタイプ」…¥1,159(薬局商品15種類比較平均数値)
※「8×4」や「Ban」などのメジャーな商品は¥450程度

 

「スティックタイプ」…¥1,834(薬局商品16種類比較平均数値)
※スティックタイプの料金だけ、料金価格幅が大きかったため
海外輸入品(高額なものばかり¥2,000以上)8品と、国内メジャー商品(少額なものばかり)8品の合算平均数値に設定しております。
「Ban」「8×4」「レセナ」などのメジャー商品は¥690程度(国内メジャー商品8品平均)

 

「クリームタイプ」…¥1,862(薬局商品16種類比較平均数値)
※海外輸入品や医薬部外品商品が比較的高い傾向。

 

「制汗シートタイプ」…¥546(薬局商品16種類比較平均数値)
※ビオレやギャッツビーなどのメジャー商品は¥320程度

 

ただ、値段が安いからといって、ビオレやギャッツビーのような制汗シートタイプや、エイトフォーなどのスプレータイプを購入してしまうと脇汗を止める効果と持続時間が弱く、1日に何度も使用する羽目になってしまいます。

 

脇汗を止める効果と持続時間を重視するのであれば、少し値段は張るもののクリームタイプを購入すべきです。

 

 

薬局に売ってる脇汗を止める人気商品を比較してみた

では、実際に薬局に販売されている商品は、脇汗を止める効果はどれが一番高いのか比較検証していきます。

 

デオナチュレ クリスタルストーン

デオナチュレ クリスタルストーンは、シービック社が提供するブランド「デオナチュレ」商品の1つ。

 

2006年度ベストコスメ大賞ボディケア部門第3位受賞のスティックタイプの制汗剤商品です。

 

無香料・無着色であり防臭効果に定評のある自然派デオドラント商品です。

 

デオナチュレ クリスタルストーンは、薬局だと¥1,100程度で購入可能な手頃な商品であるのも売りの一つです。

 

硬い素材なので、水に濡らして溶かして使うか、容器をお湯に適度に温めてから使用する手間が少し難あり。

 

制汗効果はある程度長く、個人差によりますが3時間程度は効くようです。

 

同ブランド商品には「デオナチュレソフトストーンw」「デオナチュレ足指さらさらクリーム」などがあります。

 

20代の女性10件ほどの口コミをまとめてみました!

「ちゃんとついてる感覚がわかりづらいけど、長い時間、抑臭効果があるようで、個人的にはソフトストーンよりも効果が高いと思います!使っても使ってもなかなか減らないので一生使えるかも?」

 

 

エイトフォー

エイトフォーは、ニベア花王がお届けする制汗剤の定番商品。

 

知らない人はいないのでは?というくらい認知度が高いのがエイトフォーの特徴です。

 

敏感肌の利用者向けに自然由来の殺菌成分ベータグリチルレチン酸に新処方し直して発売されています。

 

無香料のものと香り付きのものがあり種類が豊富でパウダースプレータイプのもので、サラサラとした使用後の爽快感が中高生客層には大人気商品です。

 

パッケージが女性用の華やかなものと、男性用の爽快感あるデザインのものとブランディングしているのも若い世代にはエイトフォーが人気の要因です。

 

エイトフォーの場合、制汗効果というよりも身体を急冷しパウダー成分でサラサラにする効果が強く、汗そのものの制汗効果というよりも「汗を違うものに変える」事で消臭と制汗を提供した商品だと言えます。

 

関連商品:
・「8×4パウダースプレー(せっけん)」「8×4ボディフレッシュクールデオドラント シトラスマリン」
「8×4パウダースプレーフレグランスセレクション ドリーミーガール」
(他8×4商品 他8商品省略、2016年現在花王チャンネルHPより)

 

・「8×4MEN デオドラントスプレー アクアティックオーシャン」
「8×4MEN デオドラントスプレー スマートシトラス」
(他8×4MEN商品 他3商品省略、2016年現在花王チャンネルHPより)

 

20代の女性10件ほどの口コミをまとめてみました!

「学生の頃から使っていました!匂いが爽やかで不快に感じるものが少ないので好きです。
パウダー状のスプレーなので使用している感があり広範囲に使用できるので気に入っています。
運動をする事が多いので個人的にはロールオンタイプのものよりもひんやり感の強いスプレータイプが好きです!」

 

 

脇汗パッド

脇汗パッドは直接、脇に密着させ、衣服の脇部分のシミを防いだり臭いを防ぐ商品です。

 

大まかに2種類ありナイロン製素材の吸水性の高い素材が服に装着されているインナータイプのものと薬局などで販売している服にそのまま装着する貼るタイプのものに分かれます。

 

今回は「薬局で販売している商品」なので後者のご紹介をさせて頂きます。

 

小林製薬ブランド制汗剤商品Riffが提供する
「あせワキパットあせジミ防止・防臭シートブラック20枚」
「同種同効果商品ホワイト」
「モカベージュ」
「メンズリフあせワキパットあせジミ防止・防臭シートホワイト」
20枚タイプのもので¥400程度が相場です。

 

「イオンの力とデオドラントオイルの力で汗をしっかりとキープできます。」と書いてありますが制汗効果は薄く、どちらかと言うと汗を吸収する効果の方が高いです。

 

女性用生理用品の吸水素材に制汗剤成分を多少含ませたような商品です。

 

なので、多少の殺菌作用成分と制汗成分を含むものの、使用用途は制汗ではなく、あくまで汗の吸収効果の期待できる商品です。

 

クリームタイプの制汗剤と脇汗パッドを併用することで、高い効果も期待できます。

 

20代の女性10件ほどの口コミをまとめてみました!

「従来のナイロン製品だとガサガサしていて気になるのですがRiffのあせワキパットは綿製品なので気になる事なく使用できました。
最初は貼る位置に悩み、ずれていて服に汗ジミが変な形で漏れる事もありましたが、コツを覚えれば便利です。もう少しだけ安くなればもっと売れる商品だと思います!」

 

エージー+

エージー+は、資生堂が提供する画期的なスプレータイプの制汗剤商品。

 

エージー+の抑臭効果を最大限意識し開発された商品であるだけに抑臭効果は筆者もおすすめ致します。

 

更に改良された同ブランドである「エージーデオ24シリーズ」が現在発売中。

 

エージー+は、制汗効果はあるものの、同商品のスティックタイプのものの方が格段に商品としては優れています。
完全に殺菌・抑臭を目的とした商品です。

 

エージー+では、多汗症くらいの汗には対応できない難点があります。

 

 

Ban

株式会社ライオンが提供する制汗剤ブランド「Ban」。

 

唯一、制汗剤ブランドの中で全てのタイプの商品のラインナップがあるのが特徴です。

 

その種類30種類以上!(2015年HP調べ)商品名以下省略します。

 

「Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベル」の場合、制汗効果はある程度長2時間程度なら対応できるみたいです。

 

広告効果が非常に強く、プレミアムなパッケージと宣伝文句とは裏腹にここでは批判的な内容が多かったです。

 

女性のほとんどは汗がすぐ出る!などが多く男性の3割ほどは肯定的でしたが、その内容も制汗ではなく抑臭についての肯定でした。

 

 

レセナ

ユニリーバ・ジャパンが提供する制汗剤ブランド「レセナ」。

 

「レセナドライシールドパウダースプレー無香料」他4種。

 

全5種のパウダースプレータイプの商品になります。

 

レセナは、制汗効果というよりも香り付けに特化した香料がメインのおまけに制汗効果という程度の商品です。

 

20代の女性10件ほどの口コミをまとめてみました!

「フルーティフローラルの香りが大好きで愛用しています。
サラサラになるし長く香りが続くのでお出かけ時などには最適ですね。」

 

 

リフレア

ロート製薬が提供する制汗剤ブランド「リフレア」。

 

昔からある定番商品です。

 

リフレアは、クリームタイプで世代に関係なく愛用者が多いのが特徴で、制汗効果としては、肌浸透圧が弱いためあまり期待できません。

 

つまり汗に流れやすいという事です。

 

ただ、リフレアには殺菌効果があるので少し時間をかけて塗りこむ時間を長くして使用すれば消臭抑臭効果は高く期待できます。

 

蓋状になっていて使用しづらいのは難点。

 

 

薬用メンソレータムリフレアデオドラントクリームの20代の女性10件ほどの口コミをまとめてみました!

「汗の量は抑えてくれませんが、ワキの匂いを長時間抑えてくれます。
私は朝使用し、帰ってからも匂いませんでした!」

 

 

オドレミン

日邦薬品が提供する制汗剤液「オドレミン」。

 

オドレミンの液をパシャパシャと汗の気になる箇所に染み込ませて使用します。

 

2006年ベストコスメ対象ボディケア部門第2位を獲得していて、制汗効果は非常に期待できる商品です。

 

オドレミンは、汗のお悩みのうち「匂い」「汗の量」「黄ばみ」などのうち「汗の量」に特化した商品です。

 

20代の女性10件ほどの口コミをまとめてみました!

「多汗症で悩んでいたのですがオドレミンを使用してからかなり汗が抑まりました。
液体がサラサラしているので塗りづらいですが効果は長時間持続するのでお勧めです!」

 

 

さて、お疲れさまでした。

 

総評ですが薬局にある安い制汗剤はやはりどうしても制汗効果が弱く、効果持続時間も短いものが多いです。

 

そこで前述したように、通販で買える制汗効果の高いクリームタイプのもので、かつ効果が高い商品をいくつかご紹介致します。
ぜひご参考下さいませ。

 

薬局ではなく通販で購入できる脇汗に効果的な商品

 

クリアネオ

クリアネオは、臭いの元である汗の分泌腺と皮膚常在菌の両方に効く有効成分パラフェノールスルホン酸亜鉛、イソプロピルメチルフェノール配合です。

 

アポクリン腺分泌汗だけでなく、加齢臭に伴う皮脂臭にも対応した柿渋エキスをはじめとする7種類の植物エキスが配合されています。

 

クリアネオは、植物成分のため無添加・無香料でお肌に安全で安心です。

 

永久返金保障制度がついています。

 

クリアネオの公式サイトを見て頂いてもわかりますが、汗のメカニズムをきちんと理解した上で全ての原因に網羅した成分配合の商品であると言えます。

 

 

 

デトランスα(パースピレックス)

ワキガの割合が多い欧米人向けに開発された強力な制汗剤です。

 

汗腺にフタをする成分配合で、強力な制汗効果があります。

 

ただ、刺激も強いため敏感肌の人は注意が必要。

 

 

 

汗染み対策には脇汗パッドがおすすめ

薬局で売っている制汗剤は、正直脇汗を止める効果とその持続力はお世辞にも高いとは言えません。

 

そこで、このサイトでは薬局の制汗剤を試して過去に効果に満足できず、もっと効果が長時間持続する商品を探している人に、通販タイプの強力な制汗剤をおすすめしました。

 

ただ、そうはいっても通販タイプの制汗剤でも完璧に脇汗を抑えることができるわけではありません。

 

そのため、脇汗が染みやすい色の服を着る場合は、脇汗パッドも併用しましょう。

 

通販タイプの強力な制汗剤と、脇汗パッドを併用することで、通販タイプの制汗剤でも防ぎきれなった脇汗を吸収することができます。

 

わたしは、この制汗剤と脇汗パッドの2つの組み合わせで、完全に脇汗を止める効果を持続させることができました。

 

この2つを組み合わせれば、汗染みを気にすることなくお洋服を選ぶことができます。

 

関連ページ

脇汗を止める食べ物、増やす食べ物
脇汗を止める食べ物、増やす食べ物について解説します。
脇汗を止める制汗剤でおすすめ商品TOP8を紹介!
脇汗を止める制汗剤でおすすめ商品を8つに絞って紹介します!ここで紹介している制汗剤は、わたし自身が実際に使ったものの中から選んでいるので、本当に脇汗を止める効果があって自分の症状に合った制汗剤がわかります。
学生必見!気になる脇汗を簡単にお金をかけずに止める方法について!
学生必見!気になる脇汗を簡単にお金をかけずに止める方法について解説します!
脇汗を無理に止めることは大丈夫なのか?
脇汗を無理に止めることは大丈夫なのか?危険性についてしらべました。
脇汗を止める漢方薬を網羅!効果について徹底解説!
脇汗を止める漢方薬を徹底解説しました!
オドレミンの脇汗を止める効果について成分から徹底分析!
オドレミンの脇汗を止める効果について成分から徹底分析しました!
日本製じゃもの足りない!?アメリカの脇汗を止めるデオドラント紹介
日本製じゃもの足りない人のためにアメリカの脇汗を止めるデオドラントを紹介します。
脇汗の悩む男性におすすめな脇汗を止める生活習慣とその方法5つ!
脇汗の悩む男性におすすめな脇汗を止める生活習慣とその方法5つを紹介します!
脇汗をデオドラントや医薬品等で止めることで体に影響はないのか?
脇汗を、薬や手術等で無理に止めることは、体に悪い影響はあるのか?心配な人へ解説します。
脇汗を止めるならワキ毛は剃った方がいいのか?徹底解説
脇汗を止めるならワキ毛は剃った方がいいのか?徹底解説しました。わき毛がないと脇汗は増えるのか?臭いがつよくなるのか?専門的に解説します。
病院でできる脇汗を止める薬や手術についてまとめてみた!
病院でできる脇汗を止める薬や手術についてまとめてみました!脇汗が多くて悩んでいて病院での治療を考えている人はご覧ください。
脇汗を止める薬(医薬品と市販薬)について解説!
脇汗を止める薬(医薬品と市販薬)について解説しました!ご自身に合った症状の薬を使うことをおすすめします。
脇汗をツボ押しで止める!?今すぐできる簡単な手と上半身のツボ9!
脇汗をツボ押しで止めることができるって知ってましたか!?ここでは、脇汗対策が今すぐにできる簡単な手と上半身のツボを9つ紹介します!5分でできるツボ押しで脇汗を止めましょう。